特定非営利活動法人ナノフォトニクス工学推進機構
Specified Nonprofit Corporation Nanophotonics Engineering Organization (NPEO)

 お問い合わせ先
トップページ 理事長の挨拶 法人概要 セミナー 研究内容 書籍紹介 アクセス

 名称 
特定非営利活動法人ナノフォトニクス工学推進機構
Specified Nonprofit Corporation Nanophotonics Engineering Organization(NPEO)

 所在地
〒112-0014
東京都文京区関口1-20-10 住友江戸川橋駅前ビル7階
TEL:03-3267-6790   FAX:03-5261-9788

設立年月日 
2005年4月14日

役員名簿 
理事長    大津 元一
副理事長   杉森 輝彦
理事     川添  忠
理事     杉浦  聡
理事     八井  崇
理事     山本  学
監事     横森  清

従業員数 
22名(2017年4月現在)

事業内容 
(1)最先端技術(ナノフォトニクスなど)に関する講演会等による普及啓発事業
     ・講演会の開催
     ・ホームーページの運営、出版物の刊行
(2) 最先端技術(ナノフォトニクスなど)の創出に関する産官学の連携による共同研究開発推進事業
(3) 最先端技術(ナノフォトニクスなど)に関する人材育成事業
(4) 最先端技術(ナノフォトニクスなど)に関する調査研究事業
(5) 最先端技術(ナノフォトニクスなど)に関して開発された製品の提供事業

定款 
定款 

沿革 
2005年4月  法人設立
2011年3月  経済産業省「平成22年度希少金属利用産業等高度化推進費補助金(レアアース等
       利用産業等設備導入事業)」に採択
2012年7月  NEDO「太陽エネルギー技術研究開発/太陽光発電システム次世代高性能技術の
       開発」に採択
2013年7月  NEDO「社会課題対応センサーシステム開発プロジェクト
       (研究開発成果等の他分野での先導研究)」に採択
2015年2月  NEDO「エネルギー・環境新技術先導プログラム」に採択 

 前身の活動
 特定非営利活動法人ナノフォトニクス工学推進機構とその前身である次世代光メモリ推進機構、大容量光ストレージ推進機構、ナノフォトニクス推進機構(三推進機構とも財団法人光産業技術振興協会の一部門)の活動について
 1998~2002年度
 応用産技プロジェクト「ナノメータ制御光ディスクシステムの研究開発」(約60億円)を自主研究も含めた次世代光メモリ推進機構(12社、1大学の共同開発)にて実施し、現在のブルーレイディスクの事業化に貢献しました。
 2002~2006年度
 「大容量光ストレージ技術の開発」(約30億円)を大容量光ストレージ推進機構(8社、1大学による共同開発)にて実施し、東芝、日立における1TBのHDD装置の実用化に貢献しています
 2006~2010年度
 「低損失オプティカル新機能部材技術開発」(約30億円)をナノフォトニクス推進機構(3大学、6社)にて実施し、偏光板の事業化を目指しています。

 この間、平成17年に特定非営利活動法人ナノフォトニクス工学推進機構を設立し、これらのプロジェクトでの開発技術の事前研究を行うとともに、事業化・量産化を推進し市場を創出するための施策を講じています。


前身の活動を含めた年表
   1995年度~2013年度 
   2008年度~       

組織図 



Copyright © 2016 NPEO All Rights Reserved.